業績に伸び悩む企業向け【ECコンサルの活用術を紹介】

ECコンサルに相談!業績アップの秘訣はココにあった

Quality

拡大するEC事業

EC事業はここ数年で大きな飛躍を遂げました。これから先もまだまだ成長をし続けるであろうEC事業は早めに着手しておくべきと言えます。ECコンサルなどの専門家と共に企業の発展に向けて進んでいきましょう。

ECコンサルの相談に多い案件ランキング

no.1

価格競争

ECコンサルの相談案件として「価格競争」はランキングで1位を取るほど多い案件になっています。他社との顧客争いの果てに、価格を下げていくと収益が低下し最終的には赤字になることもあり得るため、そのような状況にならないようにしようとECコンサルに相談する企業が多いのです。

no.2

利益の安定化

どの企業も「利益の安定化」を望んでいます。価格の変動が激しいEC事業において安定した利益を生み出すことは難しいため、専門知識や高い情報取集力を持っているECコンサルに頼る企業も少なくないです。そのため相談案件としてはランキング2位となっています。

no.3

ブランド力

EC事業において「ブランド力」は大きな力となります。他社との差別化にも繋がるブランド力をどのようにして高めていくのかをECコンサルに相談するオーナーや経営陣も多く、課題としても大きなものになっているため案件も増えてきています。

no.4

売上拡大

「売上拡大」を狙いEC事業を展開しようとする企業が増えてきたため、ECコンサルにも売上に関する相談が多くなってきました。相談案件ランキングにもランクインするほど多い内容となっているため、今までEC事業を経営してきた企業も新たな対策を取る必要があるでしょう。

no.5

プランディング

計画を示す「プランディング」の相談をECコンサルに行なう企業もいます。目先の収益にとらわれてしまい、一時しのぎで行なう施策では最終的に損益を生み出す可能性もあるのでこうしたトラブルを避けるためにもECコンサルに相談している企業が多いのです。

業績に伸び悩む企業向け【ECコンサルの活用術を紹介】

男女

EC事業の拡大

最近ではEC事業と呼ばれるインターネットを利用した電子商取引を行なう企業が増えてきました。企業から企業の取引を行なうBtoBや企業から消費者に向けて取引をするBtoCなどが一般的に行なわれるEC事業ですが、大手企業の市場独占といった状況もあるため経営が成り立っていない企業もあります。

EC事業の枝分かれ

前述したようにEC事業にはBtoBやBtoC、または消費者同士での取引のCtoCといった枝分かれがあります。自社でEC事業を展開するにあたり、この枝分かれの特徴や仕組みをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。どの分野で攻めるかを見極めるのも業績向上に繋がる部分となります。

課題を克服する

EC事業で業績に伸び悩んでいる、または抱えている課題が多い場合にはECコンサルに相談するという方法もあります。ECコンサルでは企業の抱えている課題に対し「何が問題か」、「何をすれば改善できるのか」といった根本的な部分のサポートを行なってくれるのです。

長期に渡る

ECコンサルは目先の問題も重要視しますが、それよりも経営自体を良くするために長期的に施策を講じることが多いとされています。一見、何も効果を感じられないようなことでも継続的に取り組むことによって今まで抱えていた課題を解決させることが出来るのです。